膝の痛みとハイヒールとの関係

日常的にハイヒールを履いているうちに膝が痛むようになったという声は、意外に多く聞かれます。
かかとの高い靴を履くと、立ったときにどうしても爪先立ちのような状態になります。
こうした靴を履いたことのある方は分かると思いますが、これは歩くにしても、立ち続けるにしてもかなり足が疲れる、つらい姿勢です。
そのため、履いているうちについ膝を曲げたり、前かがみになって歩いている方が多いのです。

しかし、こうした歩き方は膝に直結する太もも前面の筋肉に過剰な負荷をかけてしまいます。
若いうちは足全体の筋肉がしっかりしているため、筋力で膝を支えているのですが、加齢や疲労の蓄積で筋力が衰えると、体重を支えきれなくなり、膝の関節に負荷がかかってしまうのです。
また、ハイヒールを履くと、アキレス腱は縮んだ状態になります。
そのまま長時間履き続けると、脱いだあともアキレス腱が伸びにくくなり、立ったときに膝がしっかり伸びなくなります。
膝を曲げた姿勢が膝の痛みにつながるのは前述のとおりですし、不自然な姿勢を長年続けることで骨格全体がゆがみ、さまざまな健康上のトラブルも招きます。
しかしハイヒールが良くないと分かっても、仕事によってはどうしても履かないといけない場合もあります。
休みの日はかかとの低い靴に履きかえたり、負担のかかっているアキレス腱や膝周り、太ももをマッサージしてほぐしましょう。
歩くときは膝が曲がったり、前かがみにならないように注意して、正しい姿勢で歩くようにすると、膝への負担を軽くすることができます。

もっと膝の痛みについて知りたい方は⇒膝の痛み

膝の痛みと合わない靴の関係性

普段生活をしていて、膝の痛みが気になった事はありませんか。
最初は、違和感から始まるのが多いケースですが、痛みが出てしまうと既に膝を傷めてしまっている場合が多いです。

何故、合わない靴を履くだけで膝が痛くなるのかと疑問に思う方もいると思いますが、これにはしっかりした関係性があるのです。

例えば、自分の足の大きさに合っていない、大きめの靴を履いているとします。
その場合、違和感を感じずに、いつものように歩く事はできますか。
必ずと言っていいほど、違和感を感じるだろうと思います。
そんな時、自分の足の大きさに合った靴で歩いている時と同じようなフィット感はなく、無意識のうちに、歩きやすいように自身の歩き方を変えて対応しようとします。
そうしますと、気付かないうちに、足を捻りながら歩いてしまったり、体重をかける場所も全く変わってしまうのです。
こうする事で、各部位も傷めてしまうのですが、足をいかに自由に、そして稼働域をひろげる為のつなぎの役目をしている
膝や、膝回りの関節に無理な負担がかかってしまいやすくなるのです。

女性特有ですが、ヒールの履きすぎも、あまりよくないと言われています。
足の裏全体が地面に付かず、つま先に体重がかかりますよね。
つま先で踏ん張っているイメージがつきやすいのですが、実は膝に不必要な力が入り、膝から踏ん張っているのです。

どの時代にも時流があり、流行りや新しいものは、どんどん入れ替わります。
女性も、もちろん男性も、足元からしっかりおしゃれを楽しむ方が増えてきています。
デザイン性ももちろん大切ですが、しっかり自身の足に合った靴か調べて購入して、大事な体も労わってあげたいですね。

六角脳枕で快眠生活を!今までの常識を覆した枕が登場!

X脚iによる膝の痛み、チェック法と予防改善

小さい頃は両膝の間が空くO脚であっても、成長と共にほとんどの人が改善されます。
ところが、両膝がぶつかってしまい内側のくるぶしがつかない状態になることをX脚といいます。
これは戦後生活が欧米してくるのに伴って、増えてきたようです。

その他にも、遺伝や不自然な座り方や、歩き方をする生活、ビタミンD不足、関節の緩み等が原因と思われますが、おしゃれなファッションに身を包んでも、脚のラインがまっすぐでないと少し残念と思ってしまいます。

子供の場合、早目に矯正することで改善することはできるでしょう。
ですが、成人してしまうと、なかなか元には戻すことはできません。

多少のゆがみは気にしない人でも、年齢が進むにつれてひざ関節がつぶれて痛みにつながることもあります。
膝の痛みというものは痛くなってみないと分からない、そして慢性化して治りにくいという特徴があります。

そうならない為にも、早めにチェックして改善するようにしましょう。
チェック法ですが、まず鏡の前で片脚立ちして、立っている脚の膝が内側或いは外側に動くときは膝関節がつぶれ始めている可能性があります。
又、まっすぐに立ち右足の人さし指と左足の人さし指をそれぞれ15度ずつ開きます。
そのまま、ゆっくりと膝を曲げると、X脚の人は膝が内側に向きます。
この方法で、その可能性がある場合、出来るだけ自分の日頃のクセとは逆方向の筋肉を鍛えるようにしましょう。

予防改善の方法として、大腿二頭筋のストレッチやバックキック、ヒップエクステンションなどで、股関節の後方の筋肉をサポートする股関節外旋筋群を鍛えましょう。
股関節が内側に捻じれるのを防ぐ効果があります。

ワイワイシー:口コミと評判・サクラって本当にいないの?